• ホーム
  • バルトレックスを妊娠中に使用するとどんな副作用が出る可能性があるのか

バルトレックスを妊娠中に使用するとどんな副作用が出る可能性があるのか

危険なウィルス

妊娠中の薬の使用については、形態異常(奇形)を引き起こす可能性もあり、十分な注意が必要です。女性が妊娠すると、体内では複雑な変化が起こることになり、母体は機能低下をしたり、逆に機能が過敏に働いたりするので、薬の副作用が強く現れやすくなるのです。

妊娠中の薬の使用を考えていくうえでは、妊娠初期、胎児発育期、周産期(分娩前後約2週間の時期)の3つのステージに分けて考えることが重要です。妊娠初期における薬の使用で、一番の問題になるのは形態異常(奇形)となります。言い換えると、妊娠初期に胎児の器官を作るのに影響のある薬を服用すると、器官形成が妨害されて、形態異常(奇形)が起こることがあるのです。

受精してから子宮に着床前後の期周(排卵後2週間)に、大きな障害を受けた場合、流産する可能性が高くなります。ただし、受精卵・胎芽(妊娠20日までの妊卵の状態)は比較的抵抗力があり外からの影響は受けにくいことが知られています。

神経系は2~4週間、心臓は3~6週間、四肢は4~7週間目に作られるので、この期間の薬の使用には最大限の注意を払う必要があります。特に受精してから7週までは比較的大きな形態異常が起こりやすくなります。逆に、14週間を過ぎた後は、それまでの期間と比べると形態異常についてはあまり心配することはないといわれています。

最も注意したいのは、妊娠に気づくのは生理が止まってからある程度の期間が経ってからということです。一番大事な受精してから7週までは、実は妊娠に気づいていないということもあり得るのです。日頃から生理が来るタイミングには気を使い、少しでも遅れているときは、できる限り薬の服用を控えるべきです。

バルトレックスについては、妊婦または妊娠している可能性のある場合、ヘルペスを治療することが、薬の副作用のリスクよりも優先されると判断された場合にのみ、投与するという定めがあります。つまり、症状が深刻でヘルペスウイルスを抑える必要性が大きくない場合は、投薬を控える方が推奨されているのです。

性器ヘルペスの再発抑制療法中に妊娠した場合で、その後もバルトレックスの投薬を続けた場合の安全性は確立されておらず、大量のバルトレックスを皮下投与した動物実験では、形態異常(奇形)が起こったとの報告もあります。ちなみに、授乳期での使用も慎重になるべきです。これはアルコールなどと同じですが、バルトレックスの成分は授乳期の母乳にも移行することが実験で判明しているのです。

関連記事
エイズになってしまったときに欠かせない免疫力に関する基本的な知識 2020年06月23日

HIV感染症(エイズ)は、かつては死に直結する感染症として知られていました。しかしながら、HIV感染症は免疫力を維持することによって、感染しても長期間生存が可能な病気になっています。まず、HIV感染症とは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が免疫を破壊することで抵抗力が下がり、合併症にかかって死にいたる...

男性でもトリコモナスに感染してしまうリスクがあるのは本当なのか 2020年05月25日

トリコモナスは、原虫が起因となる感染症です。別名、腟トリコモナス。女性にしか感染しない性感染症に思えるかもしれませんが、実際には男性も感染することがあります。トリコモナスは、女性の腟だけでなく、男性と女性の尿路の性感染症(STD)の原因として知られていますが、膣という体の構造上、女性の方がはるかに症...

膣炎の原因として知られているトリコモナスとは一体どんなもの? 2020年04月27日

トリコモナス症とは、腟トリコモナスという原虫によって腟や尿道に起こる性感染症のことを指します。人間に寄生するトリコモナスには、腸・口腔・膣の3タイプに分けられます。そのうち膣炎の原因ともなるのが膣トリコモナスであり、STDを引き起こす厄介な原虫です。この病気は、一般的に性行為に伴う接触によって感染し...

ヘルペスによって出ると言われている水痘のような症状ってどんなもの? 2020年03月28日

水痘(みずぼうそう)とは、ヘルペスの一種である水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)の感染によって発病する伝染病です。よく子供の病気と言われますが、ヘルペスウイルスが元にあるのに注意が必要です。特徴としては、空気感染で感染力は非常に強力なことが挙げられます。真偽のほどは別としても、すれ違っただけでも10人...

感染する前に知っておきたいヘルペスウイルスの種類や特徴と症状の違い 2020年03月25日

ヘルペスウイルスは、ヘルペスウイルス科に属するDNA型ウイルスの総称のことです。その種類は約100種になりますが、人間を宿主とするウイルスとしては9種類が知られています。そんな多種多様なウイルスですが、一般的には口唇ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルス(HSV)と、帯状疱疹を引き起こす水痘・帯状...